永久抹消登録

軽自動車編

ここで紹介するのは、自分で永久抹消登録申請を行う方法です。自分で行う時間がないときや手続きが面倒だというときは、業者や行政書士に依頼することもできますが、それなりに費用がかかります。

永久抹消登録ができる軽自動車検査協会事務所および支所は各都道府県にあります。

いずれも、受付時間は8時45分〜11時45分と13時〜16時、休業日は土・日・祝祭日・12月29日〜1月3日です。

申請方法

普通自動車の永久抹消登録は、軽自動車では解体返納といいます。

解体返納は、登録地を管轄する軽自動車検査協会または支所で行います。その際に必要になるのは、以下のものです。

・解体届出書
 使用者および所有者の押印または署名が必要です。解体業者などから交付される使用済自動車引取証明書に記載されたリサイクル券番号を記入します

・ 自動車検査証

・前後のナンバープレート2枚
 紛失などによりナンバープレートがないときは、使用者の押印または署名をした車両番号未処分理由書を提出します

・軽自動車税申告書


解体届出書には、使用済自動車引取証明書に記載されたリサイクル券番号を記入しなければなりませんので、解体返納を行おうとするときは、まず解体業者を探し、解体してから届出を行いましょう。

また、自動車検査証の有効期限が1か月以上残っているときは、自動車重量税の還付を受けられます。

還付金の振込先金融機関名・支店名・口座番号・口座種別がわかるものを持参し、自動車重量税の還付申請を同時に行いましょう。

これらの書類などを揃えたら、運輸支局または自動車検査登録事務所へ。

申請書の記入方法は、各軽自動車検査協会または支所にサンプルがあるので、それを参考にしてください。